交通事故時に利用できる弁護士保険(弁護士費用特約)制度

2013-10-25

自動車保険(共済)に「弁護士費用特約」が付いていませんか?

この弁護士費用特約がついていれば、交通事故の被害に遭って弁護士に相談・依頼するときに、法律相談料や弁護士費用(着手金、報酬)等が保険会社・共済協同組合から支払われることになります(ただし、限度額の定めがあります。)。

当事務所でも、この弁護士費用特約を利用して、交通事故の損害賠償請求の依頼をされる方が多くいらっしゃいます。交通事故は誰でも遭遇する可能性がありますから、いざというときに弁護士費用の心配をしないで相談や依頼ができることは大きなメリットです。

この弁護士費用特約は、火災保険や傷害保険のほか,クレジットカードにも付いていることがあります。

保険契約時にはあまり確認されなかったかもしれませんが、一度、ご自身の保険に弁護士費用特約が付いているか確認されてはいかがでしょうか。

弁護士費用特約を付けていない方も、保険の見直しのとき等には、いざというときのために弁護士費用特約を付けることを検討してみてください。

そして、弁護士費用特約を付けている方は、保険の対象となる交通事故や火災、水漏れ等の被害に遭われて弁護士に相談・依頼するときには、必ず保険会社にこの特約を利用したいと申し出てください。この申し出をしなければ、弁護士費用が保険会社から支払われないので、自己負担になってしまいます。

Copyright(c) 2013 川崎ふたば法律事務所 All Rights Reserved.
弁護士のホームページ制作