意思決定支援と成年後見制度

2015-09-08

弁護士の中澤です。暑い日が終わり、最近は雨の日が多いですね。当事務所が入っているビルは川崎駅から直結していますので、地下を通って来ることができるので、暑い日や雨の日は大変便利です。

ところで、2014年1月には、日本が障害者権利条約を批准しました。また、2025年には75歳以上の人口が4人に1人になると言われています。そのような状況で皆様の成年後見制度に関しての関心が高まっているように感じております。

このたび、日本弁護士連合会第58回人権擁護大会プレシンポジウムが行われます。テーマは意思決定支援と成年後見制度です。後見人等が代わりに意思決定するのではなく、自ら決定できること、意思決定に必要な支援が保障されることが必要ではないだろうかということをテーマに行います。

基調講演は川島志保先生(弁護士)、基調発言は鈴木敏彦先生(和泉短期大学教授)にして頂く予定となっております。

私も裏方として参加します。皆様の参加をお待ちしております。

 

テーマ 意思決定支援と成年後見制度

~認知症や障がいのある人の自己決定権について考える~

 

日時 9月13日(日)12時30分~15時30分

場所 神奈川県立県民ホール 小ホール

入場無料

申込み不要

Copyright(c) 2013 川崎ふたば法律事務所 All Rights Reserved.
弁護士のホームページ制作